つい先日知り合いに仕

つい先日知り合いに仕事の紹介を していただいたのですが  化粧品の通販で 最初に何10万かの買い物をして 仕事道具をそろえて 仕事をするのですが 本当にやっていけるのか心配です。正直 化粧品の質がとても良くても 知り合いに紹介して その友達も何10万かの買い物をして 同じ様に仕事をするかとゆうところで悩んでます。  ちなみに周りは20代前半などの知り合いばかりなので 余計そおゆ仕事を紹介しても嫌がられるのではとは思ってます…  何かアドバイス頂けたら嬉しいです

何十万も買わされたあげく、何人にいくら売ればもとが取れるの? 未だにこんなのに引っかかる人がいるんだね。馬鹿だねえ

部長がパートナー会社社長と仲が良く、昔からお金を受け取っています。 以下が例のほんの一部ですが、何の問題もありませんか? . . . 私の会社はCAD関連(A)、パートナー会社(B)はソフトウェア関連。  ・通販で安い備品でも、数割増しのB社経由で購入し差額を裏で受け取っている。 ・依頼すると何でも数万単位の高額の請求が来て、裏で還元金という名の元で金を受取っている。 ・上記はB社社長自らが行動すれば、請求費用が何百万となる。還元金は数倍。 (例えばWindows Virtual PCを入れに来るだけ) ・2人で東南アジア方面へカラ出張多々。 ・メールアカウント作成やIP割り当てなどで一人数十万。還元金以下略

・通販で安い備品でも、数割増しのB社経由で購入し差額を裏で受け取っている。 ・依頼すると何でも数万単位の高額の請求が来て、裏で還元金という名の元で金を受取っている。 ↓ 「正価」以上の負担を会社に負わせている限り、背任罪に問える余地があること。  ・上記はB社社長自らが行動すれば、請求費用が何百万となる。還元金は数倍。 ↓ 背任罪に価する行状。  ・2人で東南アジア方面へカラ出張多々。 ↓ 公費として実費を会社に精算させていれば、詐欺罪を問えること。 精算の事実が確認できなければ、社長が「サボった」と怒れるかどうかで決まること。  ・メールアカウント作成やIP割り当てなどで一人数十万。還元金以下略  ↓ 還元金の払い出しが先方である限り、横領罪に問える余地があること。  確たる証拠を揃えることで社長への相談事項となるものです。が、社長が確実に憤慨するかどうか第三者には分からなく、相談する側にも社員生命がかかっているとお考えになっておくことです…